のんびりダラス1人旅

1人時間


こんにちは。

今日は「はじめてアメリカ本土へ1人で行った時のこと」を思い出しながら書いていきたいと思います。

ぽかたん
ぽかたん

今は、日本から海外へ行くのは難しいですが、写真をみたり電話したりしながら、また会える日を心待ちにしています。

はじめてアメリカ本土入国の様子も紹介しています。入国時のトラブルや、恐ろしい飛行機のゲート変更など「アメリカの洗礼」のお話です(笑)

興味のある方はこちらご覧ください。

★アラフォーアメリカ1人旅★

https://nobinobipoka.com/アラフォーtoeicの有り難さを実感する/

ダラスについて

友達はサンフランシスコから、税金の安いダラスへ転居を決めて、車で移動しました。広大なアメリカのドライブ、私も出来るならやってみたいです。

アメリカの消費税

  • 州ごとに管理され、州によって税率が違う
  • ほとんどの州で食料品店の食品、処方薬などには消費税はかからない(嗜好品を除く)
  • テキサス(ダラスのあるところ)は消費税が他と比べて低い
  • 消費税は州の中の市町村でも異なる。
  • アメリカへ行った当時はテキサス州は8、25%前後のところが多かった。
  • 時期によって「タックスフリーウイークエンド」が行われる州もある。

※上限が決まっていて、指定の商品に対して消費税がかからない仕組み

※ 2016年の時点13の州で行われていた。

ぽかたん
ぽかたん

私は滞在中、あまり恩恵は受けませんでした。

毎日払うものだから、友達のように低い税率の州に引っ越す人はそれなりに多いそうです。特に事業主や高所得者にとっては大きそうですね。

テキサスの印象

すったもんだのニューヨーク(以前のブログで書いています)からダラスに着いた時は「お母さんに守られている」ような安心感を感じました(笑)

調べてみると、ダラスは大きな都市。ニューヨーク並みかな?と行く前は思っていましたが、人も街並みものんびりしていてリラックスできました。英語を話すスピードも心なしか、ニューヨークよりゆっくりしていた気がしました。

ダラスのスーパー

旅先で必ず訪れる場所にスーパーマーケットがあります。現地の人の生活が垣間見れて、ワクワクする場所です。

こんなスイカもあるのね。食べてみたいな〜(買わなかったけど)

ダラスでの日課

友達は以前の私みたい。お気楽主婦です。最低限の家事はするけど、朝食から外食。周りは家と家の距離が離れているので、どこに行くにも車です。

起きて身支度を整えたら、友達とドライブがてらスタバへ行くのが「最初にする日課」です。その後は車でウインドーショッピングしてお昼ごはんの買い出しです。

今回は居候なので、積極的にごはんの用意をしました。

ダラスで作ったごはん(主なもの)

  • 天ぷら
  • お好み焼き
  • 焼き鳥
  • チキン南蛮
  • チャーハン
  • 大福
  • お麩クッキー
  • 抹茶パウンドケーキ

リップサービスも含めて、とても喜んでくれましたが、特に好評だったのが「チキン南蛮」「焼き鳥」です。天ぷらもいっぱい食べてくれました。

日本に来るたびに「焼き鳥屋さん」と「王将」に行きたいと言われるくらい、焼き鳥好きな友達です。空港へ向かえにいくと第一声が「王将」という言葉です(笑)

今日もありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました