アメリカ企業転職に役立った資格(FP2級技能士)

AFP 1級

こんにちは。

今日は「FP2級技能士」についてお話します

「FP技能士勉強」のきっかけ

私は「宅地建物取引士」に合格してすぐ「2級FP技能士」の勉強を始めました。勉強の範囲が重なっているからです。ダブル合格を目指しました。同じように計画される方も多いと聞きます。

経済や税金など苦手ですが、この資格の取得のために勉強したおかげで「住宅ローン」「税金のこと」「保険」などの分野を学ぶことができました。実生活でもとても役立っています。

ぽかたん
ぽかたん

ずっと気になっていた「ふるさと納税」や「NISA」なども始めました。知識が身につく事で新しいことにもチャレンジしやすくなりました。「とりあえずやってみよう!」の精神で前向きになった気がします。

FP2級技能士受験資格

※保険業などで働いたことがない人がFP2級技能士を受験する場合

  • FP3級技能士を取得する
  • 日本FP教会が認定するAFP認定研修を修了する

上記のどちらかの条件を満たす必要があります。

私の場合は、通信講座で「AFP認定研修を修了」しました。この研修のメリットは、短期間で受験資格認定を得られるだけでなく、金銭的にもお得でした。また、「AFP認定研修」終了後、課題の提出がありましたが、テキストをちゃんと読めば作成できるレベルでしたので安心してください。でもこの認定研修最大のメリットは「AFP登録も可能になる」ことです。  

ぽかたん
ぽかたん

AFP認定講習を受講すると「国家資格と民間資格のダブル取得」が可能になります。

AFP認定講習のメリット

  • 短期間で受験資格を得られる
  • 3級受験よりもコストがかからない
  • 講習後試験に合格すると「AFP2級」登録可能
  • 国家資格と民間資格のダブル取得が出来る

保険や金融機関で働く人の中には、この資格取得が必要の方も多いようです。私が受験した時も周りに会社単位で受験されていた人達をたくさん見ました。

FP2級技能士試験について

  • FP2級技能士試験は国家試験の中で、それほど難易度は高くない
  • 合格ラインが明確
  • 60問中36問正解で合格
ぽかたん
ぽかたん

しっかり準備すれば、充分合格が目指せます!

通信教育を選んだ理由

私は金融や投資などの分野は苦手で、できれば避けて通りたいといつも思っています。独学は諦めて通信教育を選びました。数字に強く保険にも詳しい方でしたら、テキストで勉強されるのも良いと思います。それからコストの面からも、専業主婦の私には通学制の学校を選ぶのは難しかったです。

コストを気にされない方や時間に制約のある社会人の方、短期間で効率的に勉強されたい方には「通信制の学校」で学ばれるのもおすすめです。

通信教育も、通学制のスクールもたくさんあり料金なども様々です。自分にあった勉強のスタイルを選んでください。私は「宅地建物取引士」合格の時に利用した通信教育を再度、申し込みました。その通信教育会社は複数申し込んでも、割引はありませんでしたがテキストはわかりやすかったです。

名前を出して良いかわかりませんので、伏せていますが、大手のところです。お問い合わせより質問頂けましたら、すぐ返答致します。

転職や就職などで、不安に思っているかたのヒントになることがあれば、嬉しいです。

本日もありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました