アラフォーアメリカ企業へ転職する

AFP 1級

こんにちは!

経験も自慢出来るスキルもない、

アラフォー専業主婦が

どうやってアメリカ企業へ

正社員として入社できたか?

について、お話させて頂きます。

自己紹介(仕事)

  1. 大学卒業後→システムエンジニア (独身時代)
  2. 医療関係の商社→営業事務 (独身時代)
  3. お気楽な主婦生活 (10年以上)
  4. 司法書士事務所→事務 ( 40代で再就職後)
  5. 英会話教室→受付  ( 40代で再就職後)
  6. アメリカの不動産会社→営業&営業事務 ( 40代で再就職後)
  7. 現在に至る( 副業もしています)

お気楽時代の日課

  • 趣味と旅行三昧
  • 銭湯、ジム通い
  • お得な旅行へ行く

やばい生活でした。ではどうやって「アメリカ企業に転職できたのか」不思議ですよね。

就活前に「国家資格」を取得しました。

現在保有している資格

  • 宅地建物取引士
  • FP2級技能士(国家資格) & AFP2級(民間資格)
  • TOEIC
  • 少額短期保険 取扱資格
  • 生命保険 取扱資格
  • 華道 師範
  • 書道 師範
  • 普通自動車 運転免許

就職を目指し勉強を始めたのは30代でした。猛勉強の甲斐もあって半年の勉強で「宅地建物取引士」、その半年後FP2級技能士に合格できました。その後、TOEICの勉強を独学で始め、就活開始は40代になってからです

運良く1年で2つの国家資格を取得することができたことはのちの面接でかなりアピールポイントになりました。

面接担当の方は、私より年齢が下の場合も多くて「頑張りましたね」と声をかけて頂けました。嬉しいやら、恥ずかしいやらで無我夢中の面接でした。

ぽかたん
ぽかたん

面接官の方は私より年齢が下の方も多かったです。「資格試験頑張ったんですね」と声をかけて頂く度に素直に喜べず、気恥ずかしい思いでした。母親になったように感じたこともありました。久しぶりに社会へ出たら、なんでもおっかなびっくりです。

書類通過後は、SPIテストとか、会社オリジナルのテストとか、大学生にまじって受けてました。初めSPIって何?ぐらいにしかわかって無くて、散々な結果です。ネットで無料の問題を解きまくりました。 自分の子供くらいの方と一緒に戦わないといけないんだ。。。という思いがいつもありました。

40代からの就活の強み

  • 仕事以外の人生経験
  • 柔軟な対応
  • 粘り強さ
  • 長期勤務

これはある企業の採用担当者に伺ったお話しです。

「営業などは元気な若い世代を主に採用して、コツコツこなす内勤業務はベテランを採用したい、それに長く働いてくれそうだから」

もうかなり前のお話しですので、今でも当てはまるかわかりません。業種や企業の考えによっても変わります。でもこのような考え方を持った人もいるということは真実です。

面接に行くと、普段は会うことのないような企業のトップの方のお話を伺うこともあるので、参考になる事も多かったです。

この会社からは内定のお話を頂きましたが、条件が合わず結果的にお断りしました。

努力もあって、たくさん内定を頂く事が出来ました。早く就職はしたかったけど、その都度「自分の希望条件に合っているか」「家族にあまり負担をかけずに働けるか」という譲れない点を意識して探していました。

働く時の優先順位

  • 土日祝はお休み
  • 残業はなし、又はほとんどなし
  • 通勤しやすい
  • 会社の雰囲気(まわりの目を気にしなくて良いところ)

土日祝はお休み

主人が暦通りの勤務でしたので、平日勤務を希望していました。働く事を喜んで「応援するよ」といってくれましたが、家事は全くしない人なので「家事をこなした上での就職」でした。(あなた明治時代の方ですか。。。。)

残業はなし通勤しやすい

長く働くことから遠ざかっていたので、わたし自身もちゃんと働けるか自信がありません。通勤時間が短く、残業のない仕事を探しました。

会社の雰囲気

今までの経験から、「まわりの目を意識し過ぎて疲れたり、まわりの人の機嫌に影響されやすい」事がわかっていたので、ある程度自分の担当が決まっていて1人でもできる業務を探しました。

ぽかたん
ぽかたん

今の会社に決めるまで「試用期間」を利用して何社かで働きました。久しぶりの仕事ということもあって周りに気を遣いすぎて疲れてしまいました。

そうして選んだのが「外資系企業」です。いいところも悪いところもありますが、私にはあっているようです。

最後になりましたが、はじめから外資系を希望していたわけではありません。自分の希望条件を満たしていたから就職しました。人生どう転ぶかわからない、と思います。そのためにも「資格」は重要だと実感しています。

こちらに取得した国家資格について紹介しています。参考までにご覧下さい。

★宅地建物取引士について★ 国家資格です。どんな資格か、簡単に説明しています。

 https://nobinobipoka.com/アラフォー、取って良かった『宅地建物取引士』/

★FP2級技能士について★ 国家資格です。宅地建物取引士と勉強範囲が重複します。(勉強しやすい)

 https://nobinobipoka.com/アラフォー主婦アメリカ企業へ転職fp技能士/

就職活動を有利に進めるために

  • 目的に合った資格を取得する
  • 優先順位をはっきりさせておく
  • 家族の理解を得る

現在の私

大変なことも多い分、ドキドキ楽しい経験もしています。最近は出張もこなせるようになりました。台風14号が近づく沖縄出張です。ブログで紹介しています。

★沖縄出張★

https://nobinobipoka.com/突然の「沖縄出張」に大慌て/

本日もありがとうございました。悩みでいる方のヒントになる事があれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました