のんびり1人時間(ヨガ)

1人時間

こんにちは。

今日は「生活で大切にしていること」ヨガについて紹介します。ストレスの多い毎日、「ご機嫌」に過ごすための大切な日課です。

出勤前に行う事が多いです。時間のない時は、夜寝る前にやっています。

3年以上続けてみて、やっと効果を実感しています。きっかけは「肩こり改善」「脚の浮腫予防」です。

ヨガの効能については「厚生労働省」関係のホームページでも紹介されています。

厚生労働省eJIM | ヨガ | 各種施術・療法 | 一般の方へ | 「統合医療」情報発信サイト
「統合医療」情報発信サイトの「海外の情報...

ヨガの効能(効果)

※ 厚生労働省『「統合医療」に係る情報発信等推進事業』より

  • 腰痛、頸部痛を和らげる
  • ストレスを和らげる
  • 更年期症状を和らげる

※肥満の人の体重減少を助けるという研究報告もホームページにありました。→本当だったら嬉しいですよね。

以前は友達と月2回の教室に行っていましたが、お金も時間もかかるわりに効果があまりわかりませんでした。

今は、好きな時にコストもかからずに出来る「you  tube」のヨガを楽しんでいます。種類も豊富で身体の気になる部分を伸ばせるので、色々試しています。

ヨガを行うと、自立神経の働きが整い、ストレスが軽減されると一般的にいわれています。

※株式会社ZEN PLACE のホームページより引用

https://www.zenplace.co.jp/column/medical/1169.html#監修者について

自立神経は交感神経と副交感神経から成り立っています。

自立神経

  • 交感神経→集中時や緊張時に活発になる
  • 副交感神経→リラックスや休憩時に活発になる

ヨガをしていると、だんだん気持ちも落ち着いてきて、リラックスできます。自宅で行っているので、周りの目を気にすることもなく新しいポーズにも挑戦できます。失敗してこけても恥ずかしくないですし、自宅ヨガはおすすめです。

私がよく観ている動画は「B-life」です。

どなたにもわかりやすく、始めやすいと思います。

この年代になると、体調に合わせて自分を甘やかしていかないと「大変」な時もあります。

例えば、あまりにも疲れがとれない日は、家事を出来るだけ省いて早めに就寝したり、仕事の後マッサージの予約をいれたりしています。

なるべくなら、自分の心と身体のご機嫌は自分でとりたいので、ヨガをしている一人の時間は、自身の心や身体の声に耳を傾けて労ってあげたいです。

ヨガやストレッチで柔軟性を高めたり、無理のない範囲で手作りの食事を心がけて、心と身体のバランスを整えてストレスに強くなることが目標です。

今日もありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました