那覇での滞在(台風通過中)

1人時間


こんにちは。

今日は台風通過中の那覇から書いています。

9/13の那覇

昨日無事に海沿いの街から那覇へ移動でき、ほっとしています。本島はここ2、3日、時折雷雨と突風はあるものの、晴れ間もあります。でも先島諸島の方はかなり大変だったと思います。今日の仕事が終われば、7泊8日の沖縄出張も終了です。長いと思っていましたがあっという間ですね。

やちむん通りにて

憧れのA&Wと検査センター

沖縄に来たからには「A&W」に行かないと。。。。ときてます。嬉しすぎます(笑) 場所は県庁の近く、国際通りの入口にあるA&Wです。1Fは「コロナの検査センター」が入っています。知っていたものの、ちょっと複雑な気持ちです。コロナ禍であっても、経済は回していかないといけない気持ちは、どこも同じ。私だって、この状況で出張へ来るのは、かなり葛藤がありました。

国際通り入口のA & W 。地元の学生さんもいっぱいいました。

沖縄へ来て感じたこと

沖縄は検査センターへ行く人が多いように見えます。バスでの移動中、いくつかの検査センターを目にする機会がありましたが、どこも「若い年代」の人が列を作っていました。飲食店もお酒の提供を控える所がとても多く、とても真摯にこの状況と向き合っているという印象を受けました。

ぽかたん
ぽかたん

A&Wに食べに来ていた学生さんの会話が聞こえて来ました。「コロナのワクチン接種、やらない」と言っていた人が半分くらいいたようです。若いのにちゃんと自分の意思を持ってて凄いと思いながら聞いていました。

恥ずかしいお話ですが、私の住んでいる地域は人の往来もあまり減少することなく、お酒の提供も夜遅くまで行っているお店が少なくありません。私自身もリモートワークではなく、週5日通勤しています。コロナという感覚がすでに薄れているのは事実です。でも今回の出張で「何か」を考えるきっかけができた気がします。

これからの自分

他人任せではなく、自分で決めたいという気持ちがとても強くなりました。科学や医療が発達したと思っていましたが、まだまだ人間の力が及ばない事の方が多く、なんて人はその前では無力なんだろうと思い知らされました。出来るだけ「悔いの少ない人生」にしたいです。人の意見にただ左右されるのではなく、自分で調べて、自分の頭で考えて行動できる人になりたいと思います。

この出張は、色々な立場から世界をみるいい機会になったと思っています。必要以上に他人と比べて、劣等感や不安、意味のない優越感などを持たずに生きていけたら幸せだろうな、と感じた日々でした。

私事ばかりで申し訳ありません。

今日もありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました